cafc update
 
このページでは最近の連邦巡回控訴裁判所(CAFC: Court of Appeals for the Federal Circuit)の判決要旨を掲載しています。
CAFCは米国における特許民事訴訟を専属的に管轄しており、その判決、解釈等は米国のみならず日本においても十分参考に
なるものと思われます。

                                                    河野英仁    

■2011.10■ Cybersource Corp.,Plaintiff Appellant,
v.Retail Decisions, Inc.,Defendant- Appellee.
Bilski最高裁判決後の保護適格性判断
~記録媒体クレームに対する判断~
■2011.09■ In re Lovin, et al.,
審判請求時における従属クレームに対する議論
~形式的な議論では独立クレームと生死を共にする~
■2011.08■ Global-Tech Appliances, Inc., et al.,Petitioners,
v.SEB S.A.
誘発侵害と寄与侵害
~最高裁により誘発侵害の適用要件が明確化される~
■2011.07■ Therasense, Inc., et al.,Plaintiffs Appellants,
v.Becton, Dickinson and Company, et al.,Defendants- Appellees.
先行技術の提出と不正行為
~IDS提出基準の大幅見直しへ~
■2011.06■ Crown Packaging Technology, Inc., et al., Plaintiffs Appellants,
v. Ball Metal Beverage Container Corp., Defendant- Appellee.
機械分野における明細書の記述要件
~課題に対する解決手段が複数存在する場合の取り扱い~
■2011.05■ Innovention Toys, LLC, Plaintiff Appellee,
v. MGA Entertainment, Inc., et al., Defendants- Appellants.
KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(9)
~類似技術の範囲とは~
■2011.04■ In Re Kats Interactive Call Processing Patent Litigation, LLC,
機能的クレームに対する記載要件
~ソフトウェア特許の構造とは~
■2011.03■
Centillion Data Systems, LLC,Plaintiff Appellant,
v.Qwest Communications International, Inc.,
et al.,Defendants-Cross Appellants.
ネットワーク関連発明の直接侵害成立要件
~BlackBerry事件を考慮したシステムクレームの権利範囲解釈~
■2011.02■
(臨時号)
コンピュータ関連発明の機能的クレームに対する審査ガイドライン
~米国特許法第112条審査ガイドライン公表される~
■2011.02■
Akamai Technologies, Inc., et al., Plaintiff Appellant,
v. Limelight Networks, Inc., Defendant-Cross Appellant.
米国における共同侵害成立要件
~成立要件は厳格化へ~
■2011.01■ Finjan, Inc., Plaintiff-Cross Appellant,
v. Secure Computing Corporation, et al., Defendants Appellants.
ソフトウェア特許に対する権利侵害
~ソフトウェアモジュールがロックされている場合に侵害が成立するか~
■2010.12■ In re Richard F. Schwemberger
KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(8)
~先行技術要素の組み合わせと後知恵~
■2010.11■ KSR最高裁判決後の自明性判断基準
~2010KSRガイドライン~
■2010.10■ Golden Hour Data Systems, Inc., Plaintiff-Appellant,
v. emsCharts, Inc., et al., Defendant-Cross Appellants.
ソフトウェア特許に対する共同侵害
~黒幕が管理・指示を与えたか否か~
■2010.09■ In re Giacomini, et al.,
米国仮出願の拡大先願の地位
~Secret Prior Art~
■2010.08■
(臨時号)
Bilski最高裁判決を受けた
USPTO内部インストラクション発表される
~方法クレームに対する保護適格性判断~
■2010.08■ Shanghai Meihao Electric Inc., Plaintiff Appellee,
v. Leviton Manufacturing Company, Inc., et al., Defendant-Appellant.
不正行為に基づく抗弁の成立要件
~自社関連出願の「重要性」と「欺く意図」~
■2010.07■ Bernard L. Bilski, et al.,Petitioners,
v. David J. Kappos,
Bilski最高裁判決
~ビジネス方法発明の特許性~
■2010.06■
Avid Identification Systems, Inc., Plaintiff Appellant,
v. The Crystal Import Corp., et al., Defendants.
情報開示義務は発明者でない上司にまで及ぶ
~代表者の開示義務違反により権利行使不能とされた案件~
■2010.05■ Jeffrey Griffin., et al., Plaintiffs Appellants,
v. Heidi Marrin., et al., Defendants-Appellees.
プリアンブルの記載と特許性
~プリアンブルに使用目的を記載しても新規性は主張できない~
■2010.04■ SEB S.A., et al., Plaintiff/ Counterclaim Defendant-Cross Appellant,
v.Montgomery Ward & Co., Inc., et al.,Defendant/ Counterclaimant-Appellant.
寄与侵害の適用要件
~侵害誘発に対する主体的要件とマーキングトロールの出現~
■2010.02■
(臨時号)
Wyeth and Elan Pharma International Limited, Plaintiffs- Appellees,
v. David J. Kappos, Defendant- Appellant.
特許権存続期間の調整規定の解釈
~延長期間の計算方法について明確な基準が判示される~
■2010.02■ 4i Limited Partnership, et al.,Plaintiffs- Appellees,
v. Microsoft Corp.,Defendant- Appellant.
特許権侵害と差止請求権
~230億円の損害賠償と永久差し止め~
■2010.01■ Perfect Web Inc., Plaintiffs- Appellant,
v. InfoUSA Inc., Defendant- Appellee.
KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(7)
~常識と長期間未解決であった必要性~
■2009.12■ Fresenius USA, Inc., et al., Plaintiffs- Appellants,
v. Baxter International., Inc., et al., Defendants-Cross Appellants.
KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(6)
~公知要素の組み合わせとMPFクレーム~
■2009.11■ In Re Robert Skvorecz
審査段階におけるcomprisingの解釈
~新規性判断とcomprisingの関係~
■2009.10■ Cardiac Pacemakers, Inc., et al., Plaintiffs- Appellants,
v. St. Jude Medical, Inc., et al., Defendants-Cross Appellants.
方法クレームに米国特許法第271条(f)は適用されない
~米国特許法第271条(f)に対する大法廷判決~
■2009.09■
(臨時号)
米国特許法第101条に関する審査インストラクション策定される
■2009.09■ Gemtron Corp., Plaintiff- Appellee,
v. Saint-Gobain Corp., Defendant-Appellant.
クレームの文言解釈判断時はイ号製品の製造時か、販売時か
~販売済イ号製品がクレーム文言に合致しない場合の判断~
■2009.08■ Depuy Spine, Inc., et al., Plaintiff-Cross Appellant,
v. Medtronic Sofamor Danek, Inc., et al., Defendants-Appellants.
均等論陥れ防御とKSR最高裁判決後の自明性判断
~KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(5)~
■2009.07■ Revolution Eyewear, Inc., Plaintiff/Counterclaim Defendant-Appellant,
v.Aspex Eyewear, Inc. and Thiery Ifergan, Defendants/Counterclaimants-Appellees.
記載不備と特許の権利範囲解釈
~400万ドルのメガネ特許権侵害~
■2009.06■ Revolution Eyewear, Inc.,Plaintiff/Counterclaim Defendant-Appellant,
v. Sandoz, Inc., et al., Defendant-Appellee.
プロダクト・バイ・プロセスクレームの権利範囲解釈
~限定解釈へ統一指針(大法廷判決)~
■2009.05■ Crown Packaging Tech., Inc., et al., Plaintiffs-Appellants,
v. Rexam Beverage Can Co., Defendant-Cross Appellant.
均等論におけるFunction-Way-Result Test
~均等論のFunctionと特許表示~
■2009.04■ Triantafyllos Tafas. et al., Plaintiffs-Appellees,
v. John J. Doll. et al., Defendants-Appellants.
差し止め中の改正規則は米国特許法に反するか?
~継続出願の回数制限は違法か~
■2009.03■ Vehicle IP, LLC, Plaintiff-Appellant,
v. General Motors Corp. et al., Defendants-Appellees.
カーナビゲーション特許の文言解釈
~携帯カーナビの特許権侵害事件~
■2009.02■ Acumed LLC, Plaintiff-Appellee,
v. Stryker Corp. et al., Defendants-Appellants.
永久差し止めの要件 ~eBay最高裁判決 4 Factorsの適用基準~
■2009.01■
Andersen Corp., Plaintiff-Appellant,
v. Pella Corp. et al., Defendant-Appellee.
KSR最高裁判決後自明性の判断は変わったか?(4)
~阻害要因(Teach Away)があれば自明でない~
   
  ◆2015年~の記事はこちら>>>
  ◆2012年~2014年の記事はこちら>>>
  ◆2006年~2008年の記事はこちら>>>
  ◆2005年以前の記事はこちら>>>


トップページ