採用情報
河野特許事務所では現在、下記の人材を募集しています。
弁理士 特許技術者 外国特許事務 メッセージ 応募方法
         
<所員からのメッセージ1>

弁理士 新井 影親 

  新井影親
●河野特許事務所への入所の動機
 私は大学在学中から弁理士試験の勉強を開始し、大学卒業後は就職せずに試験勉強に専念し、試験合格後、河野特許事務所に入りました。河野特許事務所を選んだのは、専門的スキルを身につけたかったし、また中規模の事務所だったからです。会社や大規模事務所は窮屈ですし、一方、小規模事務所では、スタッフ数が少なすぎて、事務所からサポートを受けるのが難しいと考えました。
 
●入所後どのようにして仕事を身につけたか
 入所すると、弁理士試験に合格したことで浮かれていた私に対し、OJT(On the Job Training)という容赦ない攻撃(所長及び先輩による愛(?)の鞭)が浴びせられました。明細書原稿を所長・先輩に提出すると、修正要求の嵐が帰ってきます。OKを貰えるまでに長い時間が必要なので、当然、私個人が処理できる件数は先輩方に比べて少ない。それでは肩身が狭いので、先輩方の過去の明細書を読み漁り、辞書・専門書を確認し、更に先輩方に質問したりして、必死に取り組みました。そのうちに修正要求が徐々に少なくなり、処理できる件数も増えてきました。
 
●現在の仕事内容
 仕事内容は、明細書の作成から中間、外国出願へ、更には、調査、鑑定、警告、審判というように徐々に拡がっていきました。新しい業務に取り組む度に難しいと感じますが、業務を遂行する度に一つ成長したと実感できます。
 
海外研修
 河野特許事務所では、英語力及び外国実務経験等を考慮した上で、海外研修に参加することができます。入所当初の私は、海外事務所の方が弊所を訪問したときに、英語での自己紹介すら満足にできない状態でした。さすがにやばいと思い、英会話の勉強を始めました。そして、外国出願にも取り組むようになって、英会話の勉強と外国出願実務との相乗効果で英語力が向上し、海外研修に参加することができました。海外研修は、世界各国からの参加者と交流することができ、とても刺激的ですよ。
 
これから応募される方へ
 私が河野特許事務所に入所してから11年が経過しましたが、あっという間でした。それだけ充実していたということだと思います。専門的なスキルを身につけて、充実した日々を送りたいと少しでも思っているなら、是非応募下さい。
 
<所員からのメッセージ2>

弁理士 田中 伸次 

  田中伸次
●河野特許事務所への入所の動機
 入所前には明細書の作成経験がありませんでした。そのため、明細書作成を0から仕込んで頂ける事務所を探しておりました。
 
●実際に入所しての印象
 年齢的に新たなことを学ぶには苦労するであろうことは覚悟していたものの、予想以上に大変でした。所長を始めとする先輩の方々から、何度も多数の不具合を指摘され、どこをどう直してよいのか、途方に暮れることも多々ありました。初心者や熟練者に関わらず、作成者以外が明細書をチェックすることで、事務所全体での明細書の質が一定範囲内に収めることができるのだと思います。
 
●現在の仕事内容
 国内案件の明細書作成、中間処理、国内出願を基礎とする国際出願、外国出願を担当しています。 また、審判、異議申立、審決取消訴訟や、商標出願も担当しています。
 
●中規模事務所で仕事することの魅力
 指示系統が明確であること、何事も決裁が早いことです。また、多種多様な業務に携われるチャンスもあります。その分、求められる能力も幅広くなりますので、常日頃から能力向上への努力が必要ですが 。
 
●弁理士という職業でのやりがい
 世の中に公開されていない新規な発明に第三者としていち早く触れられることです。業務を通じて多くの発明者と接し、発明が完成するまでの苦労話を聞けることは、とても刺激的です。
 
●この仕事に適している人
 サービス業ですので、クライアントの立場に立って考えることが必要です。一方、専門家として第三者の視点で意見を述べることも求められます。このような相矛盾することをバランス良く実行できるバランス感覚を持った人が適していると思います。
 
これから応募される方へ
 弊所では意匠を取り扱える弁理士もおり、特許・実用新案、商標、意匠の3分野の業務を経験できるチャンスがあります。また、米国、EU、中国などへの外国出願の経験も積め、審判、訴訟、調査、鑑定などの業務もあります。
 専門家として幅広い知識と経験をじっくりと積みたい方は、是非ともご応募下さい。
 

所内の風景

 

東京事務所

 

 

月例会議風景

 

 

大阪事務所

 

東京事務所