早わかり中国特許
 「AI特許紹介」シリーズは、注目すべきAI特許のポイントを紹介します。熾烈な競争となっている第4次産業革命下ではAI技術がキーとなり、このAI技術・ソリューションを特許として適切に権利化しておくことが重要であることは言うまでもありません。
 AI技術はGoogle, Microsoft, Amazonを始めとしたITプラットフォーマ、研究機関及び大学から毎週のように新たな手法が提案されており、またAI技術を活用した新たなソリューションも次々とリリースされています。
 本稿では米国先進IT企業を中心に、これらの企業から出願されたAI特許に記載されたAIテクノロジー・ソリューションのポイントをわかりやすく解説致します。
所長 弁理士 河野英仁
new ■2019.12.10■ 第9回 バッチノーマライゼーション特許
  ■2019.11.11■ 第8回 蒸留モデルのトレーニング方法特許
  ■2019.10.10■ 第7回 モジュールサブネットワーク特許
  ■2019.09.10■ 第6回 ドロップアウト特許
  ■2019.08.09■ 第5回 Prioritized リプレイ特許
  ■2019.07.10■ 第4回 空間変換ネットワークSTN
  ■2019.06.10■ 第3回 建築物の3Dモデル生成特許
  ■2019.05.10■ 第2回 DeepMind深層生成モデルにおけるOne-Shot Generalization特許
  ■2019.04.10■ 第1回 DeepMind眼組織AI解析特許
 
トップページ